MENU

申し込みが簡単な分、リスクが有ることを忘れがち

初めてカードローンを申し込んだのですが、これが思ったよりも簡単に申し込めて良かったです。申し込み方法にもよるんでしょうが、インターネットならたぶん誰でも出来るんじゃないでしょうか。それくらい簡単です。

 

さらにスマホが使えれば書類はアプリを使いカメラで撮った写真がそのままワンタッチで送れます。時間も手間もかからない感じで本当に簡単だなと思いました。

 

カード発行が郵送だと多少時間がかかるみたいですが、私のように無人の契約機に行くカタチならその日のうちにカードがもらえます。なので、すぐに融資してもらえて良いと思いました。忙しい人以外なら絶対にこっちを利用した方が良いです。郵送ではないので家族なんかにも知られ難いですしね。

 

実際にどれくらいのお金をカードローンで借りるのかにもよりますが、小額なら審査にも通りやすいでしょうし個人的にはかなりおすすめです。欲しい物があるんだけどちょっとお金が足りない、そんな人は申し込んでみても良いのではないでしょうか?

 

僕がカードローンを作ったわけ

学生の身分で、カードローンを作った、と言うと、あきれる人が多いと思います。最初は、僕もいいのだろうかと、思いましたが。事の発端は、大学2年の時、僕のパソコンが壊れたことです。高校入学の時に買ったものだから、もう、買い替え時であったのですが。大学のレポートを書くのにも使うのだから、なくては困るもの。

 

問題は、僕には貯金がなかったこと。アルバイトはしていたけれど、貯金をまったくしていなかった・・・のは、今思うと恥ずかしいことですね。僕の家は母子家庭で、母は働いているけれど、かなり厳しくて、自分で買いなさい、の一点張り。

 

もちろん、これからはバイト代を貯めるにしても、パソコンはすぐに必要でした。学生でも、お金を借りられるところはないかと、ネットで調べてみると、近所の銀行のカードローンが、20歳以上なら学生でも可になっていることがわかりました。さっそく、審査を受けて、その日のうちに、カードローンの口座を開設してもらえて、お金を借りることができたんです。

 

そのお金は、2か月分のバイト代で、完済することができましたので、金利で支払った分も、千円ちょっとだった思います。今でも、そのカードローンの枠自体は、残してあります。使わないのが一番ですが、本当に困ったとき、一時的にお金が要るときには、助かるものですから、このまま、持ち続けるつもりです。