MENU

ローンといえば、とかく、印象は良くないものです。

ローンといえば、とかく、印象は良くないものです。どうしたって、借金には違いないのですから。特に、カードローンといえば、どんどん、借金がかさんでいくような気がする。
金利も高いような気がする。
でも・・・

 

急にお金が要ることって、人生には多々ありますよね。ペットが急病になったとか、急に車に修理が必要になったとか。遠くの親戚に頼む時間はないし、近くの友達にお金貸して、とも、言いづらいものです。カードローンなら、一度、口座を作っておけば、上限までは、いつでも、何度でも、借りたり返したりができます。

 

今現在、定職についていて、先々、収入があるという状態なら、未来の自分からの借金なんですから、気兼ねする必要はありません。びしっと、自分が働いて、返せばいいんです。節約して余裕ができた時、ボーナスが出た時などに、一括返済だって可能です。

 

ギャンブルとか、お酒のために使うのは論外ですが、まさかの時のために、給与振り込みの金融機関で、ローンカードを1枚作っておくのは、社会人にとっては、たしなみの一つではないかと言えます。もちろん、計画的に使わなければいけませんし、収入がない状態では使ってはいけません。

 

実際に利用してみるとイメージとだいぶ違うものですね

散々悩んでカードローンに申し込むことにしました。ちょっとカードローンのイメージは良く無かったのですが、他にお金を手にする方法が思いつかなかったので申し込んでみました。

 

が、これがイメージとは違ってなんと言うか・・・クレジットカードみたいな感じでした。何で自分の中でのイメージがあんなに良くなかったのか今となっては謎です。借金というのがなんとなくイメージが良く無かったのかも知れません。

 

実際にカードローンを使うようになって、無茶な借り方を繰り返さなければそんなに大変なことも無く返済出来ることも分かりました。もっと毎月の返済とか大変かと思ったのですが・・・十万円程度ならそうですよね、そんなに大変なわけないですよね。

 

なんでもそうですが、イメージと実際利用してみての感想は大幅に異なりますね。今回カードローンを利用してみて本当にそう感じました。絶対に利用すべきだとは言いませんが、いざという時の選択肢には入れておいても損は無いと思います。